簡単に言うとパフォーミング アートとは、伝統的な芸術系を示す。例えば、民謡、舞踊、バレー、歌舞伎、や芝居等である。それと違う歴史を辿るパフォーマンス アートと言うジャンルとは,1950年代にアメリカで起こった現象であり、旧式から離れて、コンセプ、肉体、物,場所、空間等で表現する 実験アートとも言えるが、一言で言えない、混合して形が見えないのがこのジャンルのスタイルである。パフォーマンス理論は、1980年代にニューヨーク大学で演劇と人類学を合致して創立した学問である。それから今まで、パフォーマンス学は、順調に進んでいて、様々な花を咲かしている今現在である 正式にパフォーマンス・アートと名前が成立したのは、60年代ですが、そのフォーム・形は、前から存在しています。例えばドイツから始まったダダ(Dada 20世紀の初め)、それを継ぐフランスのシューリズム(Surrealism 20世紀の初め)、アメリカのハピニング(Happening 1950年代から)やオノ・ヨウコのアートを代表するアメリカのフラックスサス(Fluxus 1960年代)、パフォーマンス・アート(1970年代)等を象徴するのがパフォーマンス・アートの伝統。日本のハピニング、「具体」(1950年代)もその歴史に含む。様々なジェンルや、形体を持つアートでありますが、共通点があるとしたら、世界、社会、物、アイディア等を違う視点で吟味する、複眼で把握する、新しく考える・見直すチャンスを作るアートとして納得出来る。実験を基にするアートは、 根本的なシフトが可能である。チャンスがチェンジへと。私の理論、方法論は、パフォーマンス・アートの歴史を引いてアートと人生のクロスロード・十字路に存在するチャンス・可能性・未来性・チェンジを実験・実現を求めています。それが擬声語“ユーモア・You More”の「本音」であるように聞こえる。

人生感・館:まさか!

まさかを

さか上って

かのう性を活かそう

Guillermo Gomez-Pena

メキシコとアメリカのボーダー・クロスロード・十字路を演じるパフォーマンス・アーティスト