今日は、バークレー大学の日系アメリカ人女性校友団体から奨学金を頂いたため、一年ごとに行われるイベントで照屋ソール物語研究を発表しました。日系人との交流があまりないので、今回は初めてこの場に立ちました。結果はじょうとう。沖縄の歴史を照屋物語を通して黒人、日系人、日本人、アメリカ人が重なる歴史と繋げていく事により、他人事ではなくなるようです。照屋が知らない事は置いといて、沖縄の歴史の深さが他の歴史にどう繋がっているのさえ分からないことも含めて、私の研究に興味を持ち色々な情報を教えてくれたおばさん達に感動しました。「がんばってよ』、とか「もっと聞きたい』、『書いてほしい」とかの依頼が溢れた。カズさんから聞いたハワイの日系兵隊の話を少しシェアしてみたら、イベントの後で興味をもつ人々がもっと聞きたいと言ってました。もしかしてここでカズさんの調査の資金もゲットできるかも。。。ははは。

バークレー大学の日系アメリカ人女性校友団体の皆様に感謝の気持ちを込めて進んでいきます。

と言う事で私は沖縄の第二回目の研究の資金を集めながらネットワークを広げて、一日でも早くの里帰りをまちかんてぃーしています。

照屋物語つづき。。。