今日は素敵な沖縄のねーねーと一緒にランチしながら昔と現在の話を照らし合わせて長いゆんたくタイムを過ごしました。1996年にSFで出会った女性団体グループの中の3名の女性。その時は例の1995年の事件で沖縄の女性団体がアメリカにアピールしに来た時に自分もSFあたりにいてそのグループと出会い、それから沖縄ピースネットワークで活動することになる。今日の3名はその団体の中でなかなか会っていなかったので、今年再会できてとても嬉しかった。後一人は今日来れなかったが、彼女とはオスプレイが配備するその前日に大山ゲートから野高ゲートまで夜遅くまで付き合った。彼女は他の女性たちと大山ゲートで一晩車で夜を更かして二日間続いてゲート前でオスプレイ配備反対に身を投げていた。外見も内見もとっても奇麗な沖縄女性が私の人生・歴史につながっているのだ。

 16年間に会った時に私がその女性団体に手紙を書いたそうです。その手紙を今日見せてくれて涙流して読みました。その手紙の内容は当時と現在と同じ意志を彼女たちに伝えています。そのころ、私が後ろで女性の会を聞いていた様子を見て、その一人の女性が私の所に駆けつけて、「あなたは沖縄の人でしょ?』と聞いて、自分がびっくりしてたと話した。今日その話を聞いてその場が殺到してまた心いっぱいの気持ちがわいてきた。そのこころいっぱいに自分は酔っている。